ノンシリコンの良さ

シリコンという成分は、髪を艶やかに仕上げてくれるのでほとんどのシャンプーに含まれています。しかしながら、シリコンは人工的な成分なので、自然派志向の女性にはあまり好まれません。そこで、最近では、自然派志向の女性のためにノンシリコンのシャンプーが多く出回っています。

ノンシリコンシャンプーの需要が増えるにつれ、使い心地も改善されていました。以前はノンシリコンシャンプーといえば、髪がパサつきがちになり、キシキシしてしまうことがほとんどでした。しかし最近では、ノンシリコンシャンプーでも指どおりが滑らかになるように仕上げられているものが多くなっています。

ノンシリコンシャンプーの良さとしては、使うほどに髪がキレイになることが挙げられます。使い始めのころは、やはり多少髪がキシむ感覚があることでしょう。しかし、使い続けるにしたがって髪質が改善され、キューティクルが整ってくると、髪本来の艶が戻ってきます。そうなるまでに辛抱が必要ですが、髪が本来の艶を取り戻せるのは魅力です。

また、ノンシリコンシャンプーは、シリコン入りのシャンプーと比べて髪がふんわりします。最近は髪をすいてエアリー感を出すヘアスタイルが人気ですから、ふんわりさせたいならノンシリコンシャンプーがいいでしょう。

◇参考サイト◇守り髪_ノンシリコンシャンプー

シリコンは髪に悪い?

ノンシリコンシャンプーが高めの金額で販売されていると、シリコンは頭皮や髪に悪いというイメージを抱きがちになります。でも、シリコン自体は体に悪いものではありません。シリコンは豊胸のために体内に入れることもあり、フェイスパックやクリームなどに配合されていることもあります。調理器具に使われていることもあります。

シリコンが体に悪いのではなく、シリコンの使われ方にありますシャンプーは、界面活性剤で髪や頭皮の汚れを浮かせて洗い流すのですが、シャンプーによっては刺激の強い粗悪な界面活性剤を使っていることもあります。それでも、シリコンで指どおりが滑らかになればごまかせてしまいます。この場合、指どおりは滑らかでも、粗悪な界面活性剤によるダメージはしっかりと残ります。

ですから、シリコン入りのシャンプーを使ってもよいのですが、その際は界面活性剤に何が使われているのかをきちんとチェックする必要があるのです。アミノ酸系の界面活性剤は低刺激で、適度な洗浄力と脱脂力があるのでおすすめです。

シリコンは体に害ではない、というお話をしましたが、シリコン入りのシャンプーを使うなら注意点があります。シリコンはしっかりと洗い流さないと、頭皮や毛穴に残ってしまって髪の毛を弱まらせてしまいます。シリコン入りのシャンプーを使う場合、しっかりと洗い流すことを心がけましょう。

そもそも、ノンシリコンの自然派シャンプーなら、上記のような心配をする必要もないので良いでしょう。

自然派シャンプー

このところ自然派志向の女性が増えています。シャンプーや化粧品などはできるだけ人工的な成分が含まれるものは使わない。できるだけ自然に近いものを。そうすることでお肌への負担を減らし、身体に本来備わっている防護機能を引き出すことができるのです。

シャンプー選びに関して、自然派の人が避けたいと思う成分にシリコンがあります。皆さんもノンシリコンシャンプーという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?ノンシリコンシャンプーとは、シリコンが含まれないシャンプーということです。ところで、シリコンとはいったい何なのでしょう。

シリコンとは、正式にはシリコーンという成分で、人工の高分子ポリマーのことです。シリコンが含まれるシャンプーやリンス、コンディショナーを使うと、シリコンによって髪の毛の表面がコーティングされ、指どおりが滑らかになり艶が出ます。

シリコン入りのシャンプーは一般に使い心地がよく、仕上がりも艶やかになるのですが、シリコンは人工的な成分なので、いくら使い心地が良くても自然派志向の方は避けたいと思うでしょう。また、髪が細くて少なめな場合、ノンシリコンシャンプーの方が向いているといえます。なぜなら、シリコン入りのシャンプーを使うと、髪一本一本がコーティングされるため、髪が重くなり、仕上がりがペタンとしてしまうのです。ノンシリコンなら髪の毛がふんわりと仕上がります。

ノンシリコンのシャンプーは、指どおりが悪いイメージがありますが、最近では、指どおりが滑らかになるように工夫されているものも出まわっています。使い心地の良いノンシリコンシャンプーを見つけてみましょう。