シリコンは髪に悪い?

ノンシリコンシャンプーが高めの金額で販売されていると、シリコンは頭皮や髪に悪いというイメージを抱きがちになります。でも、シリコン自体は体に悪いものではありません。シリコンは豊胸のために体内に入れることもあり、フェイスパックやクリームなどに配合されていることもあります。調理器具に使われていることもあります。

シリコンが体に悪いのではなく、シリコンの使われ方にありますシャンプーは、界面活性剤で髪や頭皮の汚れを浮かせて洗い流すのですが、シャンプーによっては刺激の強い粗悪な界面活性剤を使っていることもあります。それでも、シリコンで指どおりが滑らかになればごまかせてしまいます。この場合、指どおりは滑らかでも、粗悪な界面活性剤によるダメージはしっかりと残ります。

ですから、シリコン入りのシャンプーを使ってもよいのですが、その際は界面活性剤に何が使われているのかをきちんとチェックする必要があるのです。アミノ酸系の界面活性剤は低刺激で、適度な洗浄力と脱脂力があるのでおすすめです。

シリコンは体に害ではない、というお話をしましたが、シリコン入りのシャンプーを使うなら注意点があります。シリコンはしっかりと洗い流さないと、頭皮や毛穴に残ってしまって髪の毛を弱まらせてしまいます。シリコン入りのシャンプーを使う場合、しっかりと洗い流すことを心がけましょう。

そもそも、ノンシリコンの自然派シャンプーなら、上記のような心配をする必要もないので良いでしょう。